骨粗鬆症

上記の3つのうち、2つ以上当てはまると
                 骨粗鬆症が強く疑われます。

骨量の検査は数分で終わりますし、
痛みが伴うような検査ではありません。

骨量を計測して若いときの骨量に対して
現在は何%あるのかを計測します。

骨量を計測して投薬が必要であればお薬を処方します。

定期的に検査されることをお勧めします。

骨が弱くなって、転倒や日常生活の何気ない動作、くしゃみなどでも
骨折してしまう病気のことです。

骨が弱くなる原因としては骨の成分として重要なカルシウムが
少なくなることがあげらてます。

20〜40歳ぐらいまでは、
骨を壊す働きと作る働きのバランスがとれています。

50歳前後の閉経の頃より、
骨量が急激に減少していきます。

女性の骨量の変化

骨粗鬆症の3つの自覚症状

骨量の検査

HOME