キャスター)なぜ今年度から新たに追加されたのでしょうか。

市ヶ谷院長)これまでの調査で、最近の子供たちの中には、
運動しすぎて骨や関節に障害を起こすタイプの子供と、運動不足で筋力や柔軟性が低下したり、
バランス感覚が悪い、いわゆる体力や運動機能が低下しているタイプの子供とに
はっきりと分かれることがわかりました。

運動しすぎの子供では、成長期の柔らかくて弱い骨に過度な負担がかかって、
肩・肘・ひざ・かかと・腰に障害を来たすことがありますし、
運動不足の子供では体力や運動機能が低下しているため、和式トイレが使えないとか、
組体操で下になって支えられない、倒立できない、倒立する子を支えられない、転んだとき、
手をつけずに顔を打ってしまうなど、けがや故障を起こしやすくなります。

成長期は運動器の発達にとっても重要な時期で、この時期には運動が少なすぎても、
多すぎても障害を来たすということになります。
将来に障害を残さないためには成長期の運動器障害を早期発見し、そして予防していく必要があります。

キャスター)検診を通して体の異常に気づいたら
今すぐにでも改善していかなくてはならないということですね。

市ヶ谷院長)子供のころの運動不足で基本的な運動能力が低下していると
大人になっても運動の習慣がないため運動不足になりやすく、
その結果として「ロコモ」と呼ばれる運動器の障害を引き起こし
介護が必要となるリスクが高い状態になったり、メタボになりやすくなります。
将来の健康のためにも、子供は元気に外で遊んだり適度なスポーツが必要であることを分かってほしいですね。
ただやりすぎてけがや運動器の故障を起こさないようにすることも心に留めておいてください。

キャスター)市ヶ谷さん、今日はありがとうございました。

NHK  すきっちゃおおいた
                                院長出演

ワンポイントクリニック  「運動器検診」

キャスター)今年度から学校の健康診断に、新たな項目が加わったそうですね。

市ヶ谷院長)はい、そうです。文部科学省の通達により、
今年度からこれまで行われてきた学校健診に、「運動器検診」が追加されました。
運動器検診は学校だけでなく家庭でも協力していただいて子供たちの運動器の異常を見つける取り組みです。
そこで家庭でのチェックが大事になってきますので今日はその内容をご紹介したいと思います。

キャスター)まず、運動器について説明していただけますか?

キャスター)検診の手順はどういったものでしょうか。

市ヶ谷院長)まず学校健診の前に運動器検診のチェック票が家庭に配られます。
そして決められた何種類かの動作を家庭でやってもらいます。
もし何回か練習しても出来ない動作があれば異常としてチェックしてもらいます。
動作の内容は自治体によって違うので、今回は大分で実施されているものをご紹介します。

キャスター)ここで私が事前にやってみた写真(アナウンサーの写真)があります。

キャスター)スタジオには、
大分県臨床整形外科医会・会長の
市ヶ谷学(いちがたに・まなぶ)さんに
お越しいただきました。
市ヶ谷さんよろしくお願いします。

市ヶ谷院長)運動器とは骨、関節、筋肉そして神経のことをいいます。
人が自分の身体を自由に動かすことができるのは、この運動器の働きによるものです。
骨、関節、筋肉はそれぞれが連携して働いていますので、どれかひとつが悪くても身体はうまく動きません。そこでいくつか動作をしてみることで運動器がちゃんと異常なく動くか、
痛みはないかをチェックするのが運動器検診です。

市ヶ谷院長)そうです。それからこれまで通り、
脊柱側弯症のチェックもすることになっていますので説明します。

キャスター)脊柱側弯症とはどういった病気でしょうか?

市ヶ谷院長)背骨がS字状に曲がる病気です。
ひどくなると、既製品の服が合わなくなるとか、肺が圧迫されて肺活量が減少するとか、
成人になって背中や腰が痛くなることがあります。
原因はまだはっきりしていませんが遺伝性が考えられています。
特に女子に多いのですが、兄弟姉妹で見つかったらチェックしたほうが良いでしょう。

キャスター)どういったところをチェックすればいいのでしょうか。

脊柱側弯症のチェック<以下、市ヶ谷さんが説明>

※上半身裸で、裸足になって行ってください。

・まっすぐ立って、後ろから見て骨盤の高さをチェックします。

@次に肩の高さの左右差がないか 

Aウエストラインの左右差がないかを確認します。

・続いて両手のひらを合わせておじぎしてもらいます。前後ろから見て、

A背部の高さ(肋骨隆起、腰部隆起)に差がないかを確認します。

この方法がもっとも確実に側弯症をチェックできます。

キャスター)チェック表の記入が終わったらどうしますか?

市ヶ谷院長)チェックが終わったら養護教諭に提出します。
家庭でのチェック内容と、学校での検診結果を合わせて、養護教諭、担任、校医などの学校関係者で
検討します。その結果、整形外科を受診したほうが良いということになれば、
学校から本人と保護者に連絡がいきます。
そして整形外科で診察を受けたら、担当医から本人、保護者に説明があり、
その診断結果は問題があるなしにかかわらず本人、保護者を通じて学校に連絡がいきます。

   HOME

市ヶ谷院長)行う動作は、肘を曲げ伸ばしする、バンザイする、腰を前屈後屈する、片脚立ちする、
しゃがむ、といった動作です。動作が十分に出来なかったり、動作で痛みがあったら異常と考えます。

キャスター)意外と単純な動作で運動器の異常が分かるんですね。