メニュー

交通事故⑨ 交通事故後の治療終了の目安となる、症状固定ってなに?

[2022.05.09]

『症状固定』とは、『傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が期待し得ない状態で、かつ、残存する症状が、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態』をいいます。

つまり、簡単に言うと、治療を続けていても、これ以上良くもならないし、悪くもならない状態のことなんです。

症状固定となったときは、ご希望があれば後遺障害診断書を作成して、障害の程度に応じた等級が認められましたら賠償金を受け取ることができます。

 

市ケ谷整形外科では、事故後の痛みをブロック注射、鎮痛薬処方、リハビリテーションなど、様々な方法で治療いたします。

国家資格である、運動療法のプロ『理学療法士』や筋硬結もみほぐしのプロ『あん摩マッサージ指圧師』も在籍しているのも特徴です。

大分で交通事故に遭ったら、治療はぜひ市ケ谷整形外科にお任せください!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME