メニュー

交通事故⑫ 交通事故の診察・検査の流れ

[2022.05.14]

市ケ谷整形外科では、整形外科専門医として九州大学病院や大分赤十字病院などの市中病院で勤務経験がある院長が診察を行います。

むち打ち症状であれば、痛みの部位を確認させていただいた後に頸椎のレントゲン写真を撮影します。

(レントゲン撮影は頸椎の正面、側面が原則ですが、その他必要に応じて様々な条件で撮影いたします。)

その後は、さらに詳しく診察を行います。

診察でチェックすることは、頸椎の可動域(動き)と痛みの状況(圧痛点など)です。

また、神経学的検査(四肢の筋力測定、感覚異常の有無、深部腱反射など)を詳細に行います。

 

市ケ谷整形外科では、事故後の痛みをブロック注射、鎮痛薬処方、リハビリテーションなど、様々な方法で治療いたします。

国家資格である、運動療法のプロ『理学療法士』や筋硬結もみほぐしのプロ『あん摩マッサージ指圧師』も在籍しているのも特徴です。

大分で交通事故に遭ったら、治療はぜひ市ケ谷整形外科にお任せください!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME