メニュー

交通事故に遭ったら、やっぱり市ケ谷整形外科へ

[2022.04.04]

交通事故に遭ったときに、整骨院・接骨院・ほねつぎなどに行かれる方がいらっしゃいますが、彼らが行うのは医療ではなく医療類似行為です。

交通事故後の痛みを治療するための医療ができるのは、医師に限られます。

それに、上の表を見ていただいたらわかるように、整形外科の方が多く治療手段を持っています。

市ケ谷整形外科には、国家資格である理学療法士やあん摩マッサージ指圧師も在籍しているので、充実したリハビリやマッサージも受けることができます。

 

そして、整形外科に通う何よりのメリットは、もし後遺症が残ったときに(できるだけ残らないように全力で治療します!)、その後遺症が事故によるものかを認定するための後遺障害診断を受けることができることです。

後遺障害認定を受けることで、慰謝料や損害賠償請求ができるのです。

整形外科でリハビリをせずに、整骨院に通われた方は、事故後の経過がわからないので整形外科医は後遺障害診断書を書けないのです。

(だって整骨院でどんなことをされているのかを医師は見てないからわかるわけないですよね。

整骨院での合わない施術で、逆に痛みが広がったりすることもあるでしょうし…

そうなったら最後に残っている痛みが、本当に事故だけのものか診断できないですよ。

裁判の資料にもなる診断書を書く医師の責任はとても重いのです。)

 

ですので、大分市で交通事故に遭ったときは、市ケ谷整形外科にぜひご相談ください!

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME