メニュー

変形性膝関節症③ 変形のしかた

[2021.12.03]

変形性膝関節症で、軟骨がすり減ることはわかりました。

それでは、膝のどの部分の軟骨がすり減ることが多いのでしょうか?

 

答えは内側の軟骨です。

 

変形性膝関節症の患者様の多くに、上の写真のように膝関節の内反変形が生じています。

これは、一般的にはガニ股やO脚呼ばれております。

こうなると、膝関節の内側部分に過剰な負荷がかかり

内側の半月板や軟骨がすり減ります。

だから、膝の内側に痛みがでやすいのです。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME