メニュー

星状神経節ブロックが効果が期待できる病気③ 過敏性腸症候群

[2021.10.28]

今回は過敏性腸症候群についてお知らせします。

 

過敏性腸症候群とは、通常の検査では腸に炎症や潰瘍などが認められないにも関わらず、おなかの痛みがあったり、便秘や下痢などのお通じの異常が続く状態のときにもっとも考えられる病気です。

精神的ストレスによる自律神経の乱れが原因で、腸が過敏な状態になることが便通異常の原因として考えられています。

 

ストレスが関係するということで、若い女性からサラリーマン、なかには学童までと、今とても増えている病気です。

対策としては、もちろん暴飲暴食・過度の飲酒などの食生活を改善することや不規則な生活をやめて生活習慣を改善することも大事です。

 

しかし、ストレスが原因となっているということで

そのストレスの原因をはっきりさせることやストレスを緩和することも大事になります。

 

ストレス刺激による交感神経の過度な緊張に対して、星状神経節ブロックを行い

自律神経のバランスを整えることも便通異常改善に効果が期待できます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME