メニュー

星状神経節ブロックが効果が期待できる病気④ 本態性高血圧

[2021.10.29]

今回は本態性高血圧についてお知らせいたします。

 

本態性高血圧とは、高血圧となる基礎疾患をもたず、原因が明らかではない高血圧のことを言います。

成人になっておこる高血圧の約90%が、この本態性高血圧なのです。

 

本態性高血圧の原因としては、喫煙、過度な飲酒、肥満、運動不足、塩分摂取過多、睡眠不足、加齢による動脈硬化、ストレスなど様々な要因が考えられます。

 

治療としては、減塩や減量、運動習慣をもつなどの生活習慣ももちろん大事ですが、

ストレスも関係するということで、星状神経節ブロックを繰り返し行うことで、ストレスによる交感神経の過度な緊張をやわらげて、血圧を正常化することが期待できます。

 

また、血圧が正常化した後に星状神経節ブロックを続けても、血圧が下がりすぎて低血圧になることはありません。

 

症例によっては、血圧を正常化するためにはかなりの回数が必要になる場合もありますが、高血圧でお悩みの方も星状神経節ブロックを受けてみてはどうでしょうか?

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME