メニュー

星状神経節ブロックを受けるときに心においておくべきこと

[2021.10.25]

今回は、「星状神経節ブロックを受けるにあたっての知っておきたいこと」を書いていきたいと思います。

星状神経節ブロックは体に負担がかからない治療ですが、

この治療を受ける患者様がいくつか知っておかないといけないことがございます。

 

以下に挙げていきます。

 

①出血傾向のある人には行うことができない。

心臓病や脳梗塞後でワーファリンやアスピリン等の抗血栓薬を飲まれている方は行うことができません。

 

②治療後に一時的に声がかすれたり、むせたりしてしまうことがある。

約2時間ほどでもとの状態に戻りますが、それまでは飲水や食事は控えていただきます。

 

③注射後にまれにわずかな出血から血腫が生じて気管を圧迫して息苦しく感じる。

他院でそのような合併症の報告がありますが、当院では一般的に使用する針より細い針を使用しておりますので、実際に起こったことはございません。

 

④一回の治療では終わらない。

効果を得るにはだいたい30回程度行っていただくことをお勧めします。

 

⑤日本では治療できる施設がすくない。

特に大分県では少ないです。

 

⑥治療を続けても期待する効果が出ないこともある。

治療中も強いストレスを感じている方の場合は、効果を実感するのに時間がかかったりすることもございます。

 

⑦安静が保てない人や治療に非協力的な人には行うことができない。

小児や認知症で治療の間にじっとすることができない人の場合は安全が保てませんので行うことができません。

 

期待する効果を得るためには、患者様にこの治療の特徴を理解し、協力していただくことが大事になります。

最低半年程度は外来に通っていただく必要がございます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME