メニュー

痛くない膝関節内注射を目指して

[2021.11.12]

私が総合病院に勤めていた時に、膝の関節内注射は痛いからあまりしたくないという患者様もいらっしゃいました。(というか、基本的に痛いのが好きな人はいないでしょう。)

 

一般的な整形外科医であれば23G(二枚目写真左の針)を使うことが多いです。(Gはゲージと読み針の太さを表します。数字が大きくなるほど針が細いです。)

 

私は、それより細い27Gの針(二枚目写真の右)を使用しております。

これは、予防接種で使用するくらい針管が細いので、注射液をゆっくりと入れていくことになりますが、患者様にとっては痛みが少ないという利点があります。

 

実際に患者様からの評判もいいので、私の手が腱鞘炎になるまでは頑張って続けていこうかと思います。笑

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME