メニュー

院長ブログ

交通事故⑪ 交通事故後の首の痛み(2022.05.13更新)

交通事故の後に痛みを感じるところで一番多いのは首です。

一般的にはむち打ちや頸椎捻挫と言います。

医学用語では、外傷性頚部症候群と言います。

 

交通事故の追突、衝突、急停車により頭部が前後左右に揺さぶられます。その際にむち打ちになりやすいと言われています。

むち打ちの症状として、みなさんが思い浮かべるのは首の痛みですよね?

しかし、その他にも頭痛、めまい、吐き気、手先の痺れなどの症状が起こることがあります。

ですから、交通事故の後は、このような症状でもすぐに整形外科専門医のいる医療機関で診察と検査を受け、治療方針を決めて、早期治療を開始することが非常に重要になります。

 

市ケ谷整形外科では、事故後の痛みをブロック注射、鎮痛薬処方、リハビリテーションなど、様々な方法で治療いたします。

国家資格である、運動療法のプロ『理学療法士』や筋硬結もみほぐしのプロ『あん摩マッサージ指圧師』も在籍しているのも特徴です。

大分で交通事故に遭ったら、治療はぜひ市ケ谷整形外科にお任せください!

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME