メニュー

院長ブログ

交通事故⑰ 自賠責保険って?②(2022.05.20更新)

自賠責保険は対人賠償に限られています。

ここでいう対人とは死傷した相手側のドライバーとその同乗者、歩行者などをさします。

つまり、被害者にのみ賠償金が支払われ、加害者のケガについては賠償金が支払われないということなんです。

また、本来は保険の契約者である加害者が保険金の手続きを行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。

だから、もし事故を起こした加害者に支払い能力がなかったとしても、被害者は自賠責保険によって一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

支払われる限度額の例を以下に書きます。

・死亡・・・3000万円

・けが・・・120万円

・後遺障害・・・75~4000万円

※神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合

常時介護:4000万円(第1級)、随時介護:3000万円(第2級)

※上記以外の後遺障害

3000万円(第1級)~75万円(第14級)

 

市ケ谷整形外科では、事故後の痛みをブロック注射、鎮痛薬処方、リハビリテーションなど、様々な方法で治療いたします。

国家資格である、運動療法のプロ『理学療法士』や筋硬結もみほぐしのプロ『あん摩マッサージ指圧師』も在籍しているのも特徴です。

大分で交通事故に遭ったら、治療はぜひ市ケ谷整形外科にお任せください!

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME